天草高等学校同窓会 関西支部のホームページへようこそ
トップページへ 会則 会長挨拶 役員名簿 校歌 お問い合わせ
<

校歌

 天草高校校歌


(大正 八年 5月 制定)
作詞 船勢  直
作曲 犬童 球渓

 唄:ボニージャックスさんと一緒にどうぞ
[お爺様の気ままなサイト]の浦川様より頂きました。

一、

塵寰遠く隔てたる
ああ西海の別天地
潮風薫る苓洲の
学びの園の露分けて
飛翔を習う雛鵬の
胸は希望に燃ゆる哉

二 、

振放みれば倉岳の
高嶺を出づる天つ日の
下界の暗を照らす時
天には真理地には道
人の心に「正大」の
聖き光ぞ溢るなる

三、

時永久に寄る波の
とう鞳として岸をうつ
天草灘の雄叫に
聞けや自然の動脈を
沸きて流るる「剛健」の
生命の潮の高鳴りを

四、

神秘ぞ燃ゆる不知火の
筑紫の海に風凪ぎて
澄むや千尋の底深く
万象影を涵す時
一視同仁隔てなき
「寛厚」の徳君見ずや

一、

塵寰遠く隔てたる
ああ西海の別天地
潮風薫る苓洲の
学びの園の露分けて
飛翔を習う雛鵬の
胸は希望に燃ゆる哉

二、

秋されば
十萬山の櫨紅葉
松の緑に照映えて
我が学舎の背景を
自然が描く美はしさ

三、

あな床し
校舎の窓ゆ見晴かす
海は有明、不知火の    
燃ゆる思を胸に秘め

盡きぬ希望に生きよとや

四、

いざ共に
四圍の自然の化を受けて
清く氣高き人と成り
正しき通を養ひつ
皇御国に盡くさなん